第47回杉診サロン報告書(ミラサポの概要と可能性)

広報部長  河合 史門

・開催日時   11月7日(金)午後7:00~8:30
・開催場所   杉並区立産業商工会館:第一集会室
・講演テーマ  「ミラサポの概要と可能性」
・講 師     伊藤智昭会員

まずは、講演内容の骨子を記します。
1.ミラサポの開設
国や公的機関の支援情報・支援施策を分かりやすく提供するとともに、経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報の場を提供する支援ポータルサイトとして、平成25年7月30日に開設された。

2.ミラサポの主な機能
(i)施策情報提供、(ii)コミュニティ機能、(iii)専門家派遣等がある。

(1)施策情報提供
ミラサポのサイトでは、国や公的機関の支援施策のマップを提供し、重点テーマを明示するとともに、施策別・テーマ別メニューを掲げている。また、イベント・セミナー一覧も掲げ、見る者の利便に供している。

(2)コミュニティ機能
ミラサポのサイトでは、ミラサポ掲示板を設けている。匿名で書きこめ、質問や相談ができる。ミラサポコミュニティは、中小企業者が先輩経営者や専門家と情報交換することができ、自らの課題に応じて、新たなコミュニティを作ることも可能である。

(3)専門家派遣
専門家のデータベースを整備し得意分野等を開示しているので、その中からユーザーが自らの課題に応じた専門家を選んで、よろず支援拠点あるいは地域プラットフォームを通して専門家派遣の申請をすることもできる。

(i)対象となる事業者
中小企業支援法上の中小企業がメインであるが、起業を目指す者、事業協同組合等の中小企業団体、NPO法人等も含まれる。

(ii)専門家派遣の流れ
よろず支援拠点等での無料経営相談 → 派遣可能構成機関に派遣手続きの依頼 → よろず支援拠点等による適任者の選定、専門家派遣代理申請手続 → 実際の訪問・経営相談→後日専門家の評価 となっている。

(iii)専門家の登録
士業、管理者、技術者で実務経験10年以上である等、一定の登録基準をクリアする必要がある。ミラサポトップページから新規会員登録、派遣専門家登録申請を行う。

サロンに参加して、感じたことを記します。
伊藤会員の話は、体系的論理的な説明ぶりで、説得的でした。ミラサポのサイトを実際に開いての説明は非常に分かりやすかったと思います。
杉診の会員にとっては、ことに専門家派遣について知りたいとの思いが強いとおもわれ、その点に配慮した講演でした。ミラサポを利用して一層の職域拡大が期待できると思いました。杉診の会員で登録している人はまだ少なく、それだけに、このサロンの講演は意味あるものであったと思います。